HOME

日本園芸療法研修会コンセプト

NPO 法人 日本園芸療法研修会(JAPAN HORTICULTURAL THERAPY SOCIETY 略してJHTS)は、1995 年 2 月に園芸療法を正しく理解し、 実践者育成とネットワークづくりを目的に設立されました。日本で最も歴史のある園芸療法団体です。

園芸療法の普及・教育・ネットワーク構築を目的とした講演・研究会や講座の開催、施設における実践支援、NPO としての社会貢献を目指して地域の認知症予防・介護予防事業や、東日本大震災の復興支援を継続しております。


s1

園芸療法とは

植物や植物のある環境、植物を育てる園芸作業を日々の暮らしに取り入れ、心身機能の改善、社会参加、認知症予防、介護・・・
詳しくはこちら

s1

日本園芸療法研修会の特徴

絶えず社会のニーズに目を向けて、より良い活動実践を目指し情報交換をし、新しい知識や技術を身に付けながら行動していきます。
詳しくはこちら

s1

園芸療法スタディコース

日本で初めて開講した園芸療法を学ぶ講座です。リハビリや支援などを目的とし園芸を活用できる人材を育成する1年間の講座です。
詳しくはこちら


最新ニュース

園芸療法シンポジウムのご案内

日 時:2019年2月26日(火) 13:00-16.30
場 所:ワークピア横浜 3階 「かもめ・やまゆり」
参加費:無料
主 催:神奈川県花き・植木振興地域協議会
後 援:NPO日本園芸療法研修会

詳しくはこちらから

第52回研究会 シリーズ『実践を言葉に』Part15

日時:2019年3月23日(土) 12:00-17:00
場所:社会福祉法人開く会 共働舎2階会議室

詳しくはこちらから

〒245-0015 神奈川県横浜市泉区中田西1-11-1

Tel/Fax:045-805-3663

アクセス
●戸塚駅から
横浜市営地下鉄ブルーライン湘南台行
立場駅-下車徒歩5分

●東京駅より
JR東海道道本線→戸塚駅 池袋・新宿・渋谷駅より
JR湘南新宿ライン → 戸塚駅

●羽田より
京急線(浦賀行など) → 上大岡駅(横浜市営地下鉄ブルーライン湘南台行)

NPO法人 日本園芸療法研修会

これからの日本社会では、地域福祉、在宅福祉、自助、互助が重視されます。地域の文化、風土、行事、思い出などと深い関わりのある植物を媒体とした園芸療法は、今後さらに大きな役割を担っていきます。心身機能の維持回復、介護予防、認知症予防、施設や病院での豊かな日々の暮らしを支える活動、就労支援、余暇支援、引きこもり支援、ホスピス、不登校、DV、民間刑務所などニーズは幅広く高まっています。植物の力を借り、植物の力を紹介し、植物を通して人とつながりながら、引き続き日本の園芸療法発展の一翼を担っていきます。


代表理事 澤田みどり