スタディコース5回目 2021.5.25

am[園芸実習-4] ハーブ栽培とその利用

講師:山田 洋子先生(JHTS園芸療法アドバイザー・日本園芸療法学会認定園芸療法士・スタディ7期生)

スタディコースの修了生でもある山田先生のハーブ講座は、ご自身のこれまでのハーブとの関わりや園芸療法の実践でのお話が織り交ぜられて、具体的な作業や活動をイメージをすることができました。

たくさんの種類のハーブ。マスク越しでも心地よい香りに包まれたお部屋にて。

 

ひとつひとつ香りや手触りを確かめながら、押し花標本を作製しました。

お茶やサシェ リースやスワッグ・・・ ハーブは様々な場面で活躍します。

活動の目的に合わせていくつかの種類を育てておきたい植物です。

その際には効能とあわせてリスクを知っておくことも大切、とのお話がありました。

 

pm[園芸療法実践講座-2] 高齢者の介護予防と園芸療法 / ベルガーデン水曜クラブの活動

講師:澤田 みどり先生(JHTS代表理事・日本園芸療法学会理事・恵泉女学園大学人間社会学部特任准教授)

内田 智先生(JHTS園芸療法アドバイザー・社会福祉士・スタディコース11+23期生)

ベルガーデン水曜クラブは、スタディコースを開催してる横浜市泉区で実施している当会の自主事業です。

スタディコースの学びの場でもあります「ベルガーデン」を活用し、介護予防を目的として、近隣のケアプラザのご協力のもと

地域のお年寄りが楽しく安全に活動できる場づくりを行っています。

今回の園芸療法実践講座では、この水曜クラブの活動をご紹介するとともに「介護予防」について学びました。

たくさんの実践現場をお持ちの内田先生からは、ご自身の実践エピソードやコロナ禍で工夫された活動の様子など、

たくさんの写真とともにご紹介いただきました。

 

記:(園芸・療法)田渕