球根の育て方とその利用

25期スタディ応用実践コース 第6回-午前

I:I    2019年10月25日(火)  10:00~12:30
I:I    園芸実習 第13回-宿根草と育て方とその利用
I:I    講師:山  浩美
(有)山×高瀬計画室 代表取締役/恵泉女学園大学 非常勤講師 

 

〖球根植物とは 〗
  ・地下茎に貯蔵器官をもち、この養分により発芽・育成し
   花を咲かせ、新しい球根を増やす植物です。

〖植え付けのポイント 〗
  ・球根の2倍の深さで植え付けましょう。
   地植えするときの間隔は3球分が目安です。

〖管理のポイント 〗
  ・極端な乾燥に注意しましょう。
  ・花後には花ガラを摘み、お礼肥を忘れずに~。

秋植え球根の代表格はチューリップですが、植え付けは11月末の
冬花壇作りの時に、花苗と一緒に植えます。

ヒヤシンスの球根は各自で持ち帰り、水耕栽培します。

POINT
・栽培は11月からはじめましょう。
・球根の底面をぬらし、水面との
 間にすき間を作ります。
・発根するまで冷暗所に置きます。
・発芽から開花までたくさん日光に
 当てましょう!

 

畑では、甚大な被害をもたらした
台風が過ぎ去り…

作業その1
サツマイモのつる返し

 

作業その2
空芯菜とピーマン、とうがらしをたくさん収穫しました!

 

作業その3
コウサイタイと野沢菜の種を
播きました。
●コウサイタイ
30㎝間隔、6粒点播き
●野沢菜
20㎝間隔、すじ播き

 

作業その4
間引きをしました。
ルッコラ、春菊、小松菜、大根
ベビーリーフ

 

作業その5
稲刈りです!