園芸療法スタディコース

NPO法人日本園芸療法研修会スタディコースを受講しよう!

日本で最も古い園芸療法の実践者養成講座『スタディコース』1995年4月にスタートしました。1990年代はじめに日本に紹介された「園芸療法」。アメリカでは1970年代にすでにアメリカ園芸療法協会が立ち上がり、園芸療法士の資格制度もありました。当会代表理事澤田みどりは、1989年に渡米し、日本人で最初にアメリカ園芸療法協会会長の下で園芸療法を学び帰国後園芸療法を学びたいというニーズに応えてこの勉強会を始めました。日本の園芸療法発展の歴史の中で信頼を得、多くの実践者を輩出してきたスタディコースが開設以来大切にしてきた特徴を紹介します。

  1. 実践重視
    日本に園芸療法が普及するためには、きちんと園芸療法を学んだ実力のある実践者が全国に増えることが重要です。実践力が身につく充実したカリキュラムです。

  2. 当事者主体
    当事者とともに生きる姿勢をもつために、平日の障がい者施設を会場に使わせていただき学んでいます。

  3. 実力を付ける実習中心
    植物との四季の関わりを重視し、年間通して野菜や花の栽培をする園芸コースと、毎週福祉施設の実習を兼ねた療法コースの二本立ての1年コースです。

  4. 実習先が豊富
    JHTSは北海道から沖縄まで200名を超える会員がいます。そのうち約半数の方が何らかの実践を行っています。全国様々な施設や病院での実習が可能です。

  5. 年間プログラム作成
    植物や園芸作業の特徴や効果を生かすためには、予めリスクマネージメント、予算、植物の栽培計画を入れた年間プログラム作成が必要です。スタディコースでは年間プログラムを作成し、実践を始める準備までの力をつけることができます。

  6. 各界第一人者の講師陣
    1年間のコースを支える講師陣は、福祉、リハビリテーション、医療、園芸、造園など各界の第一人者であり、スタディコースを修了し、全国で活躍する実践者をいつも応援してくださっています。

  7. 仲間づくり
    スタディコースの受講生は北海道~鹿児島まで全国各地から通ってきます。学生、主婦、園芸、造園、福祉、医療、リハビリテーションと多職種で、年齢層も学生から70代までと幅広い方が肩を並べて学びます。1年間苦楽を共にし、その後の一生の友人になり、園芸療法実践の上でも心強いネットワークが広がります。

  8. 園芸療法士の資格取得
    JHTS認定の資格が取得できるほか、スタディコースは日本園芸療法学会認定教育講座のため、500時間以上の実践時間を積み重ねたのち学会認定園芸療法士の資格審査を受けることができます。

  9. 受託事業のスタッフとして活躍
    スタディコース修了後、資格取得者は優先的にJHTS受託事業のスタッフとして各施設で活躍することができます。JHTSのスーパーバイズの下実践力を養うことが可能です。

  10. 修了後もステップアップ、サポート
    JHTSでは実践者のステップアップ、情報交換、仲間づくりのために研究会、ステップアップ講座、剪定講座、樹木医と学ぶ勉強会などを定期的に企画しています。実践の相談や悩みなどの意見交換をする場があります。


以下のアイコンの下のPDFリンクより詳細がご覧いただけます。

第25期聴講受付中
PDF
スケジュール
PDF
講師一覧
PDF
申込用紙
PDF
聴講申込用紙
PDF

園芸療法に興味のある方、園芸療法を仕事で活かしたい方、地域の活動に園芸療法の手法を取り入れたい方、園芸療法士を目指したい方などみなさん是非JHTSスタディコースへ。
お問合せは以下のボタンよりお気軽にご相談ください。